お知らせ

 

現在、平常通り営業しております。

 

一押し!丹後のお土産

とろりかにスープ

カニと玉子を使用したとろとろスープ がごめ昆布入り。 カップに大さじ一杯と熱湯約150㏄を注ぎ、よくかき混ぜてお召し上がり下さい。

炙りのどぐろ姿めしの素

のどぐろをそのまま炊き込むご飯の素。 上品で脂乗りが良い白身魚を丸ごと味わえる一品です。

丹後の名産品・お土産の地方発送承ります

フードコート人気メニュー

鬼へしこセット

へしこが入ったおにぎり定食。人気上昇中!!まぁ、いっぺん食べてみなれ~な。

塩バニラソフト

丹後の海水を昔ながらの製法で作った塩(琴引の塩)を使っています。 コクがましさっぱりとした後味です。

舞鶴港水揚げの鯖を使用し府立海洋高校が 開発した鯖缶「京の鯖」と丹後コシヒカリ の米粉のカレー粉を使ったカレーです

海鮮丼

京丹後のコシヒカリに新鮮な魚を盛り合わせ、料理長秘伝のこくのあるオリジナル醤油でお召し上がりください。

道の駅てんきてんき丹後の概要

ロケーション

間人皇后・聖徳太子の母子像西は豊岡から、東は天橋立へと続く国道178号に面しています。松葉蟹の水揚げで有名な間人(たいざ)港まではクルマでおよそ5分。周辺には海水浴場をはじめ、堤防や地磯でファミリーフィッシングを楽しめるポイントもたくさんあります。

立岩また、道の駅の裏にはオートキャンプ場が併設され、そこからは木製の橋を渡って、間人(はしうど)皇后・聖徳太子の母子像が佇む後ヶ浜やジオスポットの立岩に歩いて行くことができます。

オートキャンプ場について

オートキャンプ場併設のオートキャンプ場はサマーシーズン1サイト1泊3500円~4500円で、電源付きサイトやペット同伴サイトもあり、90日前からネットで予約が可能です。(お電話で予約はできません)ゴールデンウィークや土曜日・祝前日はお早めにご予約ください。

また、シーズンオフは1サイト1泊2000円(電源付きサイトは2500円)でご利用が可能です。オートキャンプだけでなく車中泊やバイク、あるいは自転車で丹後半島にお越しの際には、ぜひご活用ください。
⇒ オートキャンプ場の詳細

車中泊について

オートキャンプ場当駅には、マイカーでの車中泊に関する規定があります。
旅の道中に駐車場での車中泊を希望される方は、下記のページを最初にご覧ください。
⇒ 駐車場利用についてのお願い

道の駅内イメージ

道の駅の駐車場(正面は芝生公園)
道の駅の駐車場
お土産コーナー
道の駅のお土産コーナー
山陰海岸ジオパーク京丹後市情報センター
山陰海岸ジオパーク 京丹後市情報センター
フードコート
道の駅のフードコート
フードコート(飲食コーナー)
道の駅のフードコート(飲食コーナー)
情報閲覧コーナー
道の駅の情報閲覧コーナー

営業のお知らせ

定休日

7月:第2火曜日、8月:第4火曜日
上記以外の月:第2・第4火曜日

営業時間

お土産コーナー
通  年   9:00~17:30

喫茶コーナー
3~11月  9:00~17:30
12~2月  9:00~16:30

フードコート
3~11月 11:00~17:30
12~2月 11:00~17:00
(オーダーストップは上記の30分前)

※正月の営業時間は別途ご案内します。
※営業時間は時節により変動する場合がありますので、予めご了承ください。

てんきてんき丹後の設備

駐車場大型4台・小型38台
身障者用トイレ・駐車場トイレ1・駐車場1台
トイレ男性8・女性6 ベビーベッド
フードコートフードコート
お土産物コーナー和装小物・特産品・地酒 など
インフォメーション山陰海岸ジオパーク
特設展示コーナー

観光情報

当駅を管理している(株)テンキテンキ村では、京丹後市観光協会との連携に加え、丹後半島の魅力をふんだんに盛り込んだオリジナルのクルマ旅のコンテンツを発信しております。
道の駅てんきてんき丹後は、旅行者が気軽にリピート&ステイできる道の駅づくりを目指しています。

碇高原ステーキハウス

営業期間 3月~12月中旬

定休日  火曜日・水曜日

営業時間 10:00~17:00

オーダーストップ 16:30
 (時期により変動します)

※ご予約も賜ります。お電話ください

電話番号 0772-76-1061

メニューなど詳しくは
⇒ 碇高原ステーキハウス

お知らせ一覧

サイト内検索